オクタスプリングは低反発?高反発?硬さについて調べてみた。

マットレスの反発性(硬さ)は快眠につながる重要な要素の一つです。腰痛肩こり、睡眠時に首の痛みを感じる方にとっては特に大事なことです。この反発性は低反発すぎても良くないですし、高反発すぎても良くありません
今回は大人気商品のオクタスプリングの反発性について記事を書いていきますので、睡眠時に体に痛みを感じるのが気になる方はしっかり読んでください!

 

オクタスプリングの反発性(硬さ)は「ハイブリッド反発」

オクタスプリングは低反発?高反発?硬さについて調べてみた。

 

マットレスには大きく分けて金属スプリングタイプの比較的硬め(高反発)のマットレスと、ウレタンスプリングタイプの比較的柔らかめ(低反発)のマットレスがあります。

 

高反発のマットレスと低反発のマットレスにはそれぞれメリットとデメリットがあります。

 

メリット

高反発マットレス
  • 睡眠時にしっかりと体を支えてくれる反発性を持つ
  • 寝返りがうちやすい
低反発マットレス
  • 体をやさしく包み込んでくれる柔らかさがある

 

デメリット

高反発マットレス
  • 金属特有の圧迫感を感じることがある
  • 硬すぎてマットレスに接している部位に負荷がかかる
低反発マットレス
  • 体が沈み込んでしまい、寝返りがうちにくい

 

 

などなど、従来の高反発マットレスと低反発マットレスにはそれぞれ良いところと悪いところがありました。

 

オクタスプリングはこのような2つの性質の良いところだけを実現できるように、「ハイブリッド反発」という新技術で作られています。このハイブリッド反発により、体を柔らかく包み込みながらもしっかりと体を支えられるような反発性を実現していると言われているのです。

 

 

 

 

高反発すぎたり低反発すぎるマットレスが体の痛みの原因に!?

オクタスプリングは低反発?高反発?硬さについて調べてみた。

 

人間には理想的なS字カーブという体への負担が少ない姿勢があります。
これは普通に立っている時がその理想的なS字カーブになっており、睡眠時にこの曲線が崩れると首の痛みや肩の痛み、腰の痛みが現れるようになります。

 

このためマットレスを選ぶときはS字カーブを保てる反発性(硬さ)のものを選ぶと良いと言われています。

 

 

例えば、高反発マットレスを購入したけれどとても硬すぎた場合、マットレスに接した体の部位に対して非常に負担がかかります。
また、マットレスが高反発すぎる(硬すぎる)ためS字カーブが保てなくなる可能性があります。

 

これは仰向けに寝たときに肩や腰のあたり(体の重い部分)が適度に沈み込んでくれないためS字カーブが崩れる、ということです。

 

オクタスプリングは低反発?高反発?硬さについて調べてみた。

 

あるいは低反発すぎる(柔らかすぎる)マットレスの場合、体の重い部分(肩や腰)が必要以上に沈み込む可能性があります。
この状態もまた理想的なS字カーブが崩れているため、体に痛みを生じやすいです。

 

このように、高反発すぎたり低反発すぎるマットレスを使ってしまうと、体が痛むようになりきちんとした睡眠がとれなくなる危険性があるのです。

 

 

オクタスプリングは5パターンの硬さで体を支えてくれる

オクタスプリングは低反発?高反発?硬さについて調べてみた。

 

オクタスプリングは体の理想的なS字カーブを維持するために、マットレス内部の反発性(硬さ)を5パターンに分けています。

 

例えば、体の腰の部分は一番重くなっており、一番沈み込みやすいので強い支えが必要です。逆に腰と胸の間あたりはほとんど重さがない状態なのでそれほど支えられる必要はありません。
下に体の重さの割合を示しておきます。

  • 胸部(背中):約30%
  • 腰部:約45%
  • 脚部(ふくらはぎ):約15%

 

この重さの違いを見ていただくとわかるように、体の部位はそれぞれ重さが異なっています。
オクタスプリングはこの違いに対応するためにマットレス内部の反発性(硬さ)を5パターンに分けて作られています

 

これにより、睡眠時の理想的なS字カーブを実現することができるのです。

 

 

使ってみたけど腰に痛み!?使い方は合ってますか?

オクタスプリングは低反発?高反発?硬さについて調べてみた。

 

以前、オクタスプリングの口コミ・レビューに関する記事を書いたのですが、

  • 「オクタスプリングを使ってたら底付き感がする!」
  • 「底付き感のせいで腰が痛くなった!」

という口コミがありました。

 

※「底付き感」はマットレスや布団を敷いて寝たときに床の硬さを感じることを言います

 

確かに、オクタスプリングの厚さは約7cmほどなので、使用者の体重、体格によってはそのように感じるかもしれません。

 

オクタスプリングは低反発?高反発?硬さについて調べてみた。

 

そのような「底付き感」を感じる方はぜひ「トッパー」としてオクタスプリングを使ってみてください。
トッパーとは布団や他のマットレスの上に敷いて使うことを言うのですが、これをするだけで底付き感がなくなることが多いです!

 

実際に「底付き感がなくなった!」という口コミもあるので、私は大丈夫かな?と思っている方も安心して使っていただけるかと思います!

 

 

まとめ

今回はオクタスプリングの反発性(硬さ)について書かせていただきました。マットレスの硬さはとても重要で、柔らかすぎたり硬すぎたりすると体に痛みが生じることもあるので程よい反発性をもつマットレスを選ぶと良いかと思います!

 

 

【おすすめ記事】
オクタスプリングは悪い口コミ・評判が多い!?きちんと調べてみた
オクタスプリングの厚さは薄い!?腰痛になりやすいとか?