クタスプリングは寝返りを打ちやすい!?反発性について調べてみた!

一般的に、人は一晩に20〜30回の寝返りをうつと言われています。
人が睡眠時に寝返りをうつのは非常に重要なことで、同じ姿勢を続けていると血行不良の原因になり、肩こりや腰痛の原因になるのです。
そして、寝返りをうつことで布団やマットレス内の熱や湿気(空気)が外へ解放されるため、不眠の原因にもなりうる「むれた感じ」を和らげることができます。
今回は大人気商品のオクタスプリングが「寝返りのしやすいマットレスなのか?」という視点で書いていきます。

 

 

オクタスプリングの「ハイブリッド反発」がすごい!

オクタスプリングは寝返りを打ちやすい!?反発性について調べてみた!

 

オクタスプリングはウレタンフォーム系マットレスの「優しく体を包み込む」ような柔らかさと、金属スプリング系マットレスの「しっかりと体を支える」ような硬さの両方の特徴を兼ね備えた「ハイブリッド反発」が採用されています。

 

従来のウレタンフォーム系マットレスは柔らかすぎることから「体が沈みすぎる」ことがあり、肩こりや腰痛の原因になることがありました。

 

そして、金属スプリング系マットレスは体を支えてはくれるが、硬さからくる体への負担があり血行不良などのリスクがありました。

 

 

オクタスプリングは寝返りを打ちやすい!?反発性について調べてみた!

 

オクタスプリングはこのような2種類のマットレスの良いところをバランスよく兼ね備えられるように作られているため、多くの利用者の快眠を促し、愛用マットレスとして重宝されているのです。

 

また、「ほどよい反発性」により体が沈み込みすぎず、ある程度の硬さもあるので、「寝返り」も自然とやりやすくなると考えられています。

 

 

そもそも寝返りがしやすいマットレスとはどんなもの?

オクタスプリングは寝返りを打ちやすい!?反発性について調べてみた!

 

一般的に言われているような、硬いマットレスは寝返りがしやすく、柔らかいマットレスは寝返りがしにくいというのは少々語弊があり、寝返りしやすいマットレスに重要な項目は大きく分けて2点あります。

 

1. 沈み込みすぎないある程度の硬さがある
2. 寝返りの際、離れていく体を押し出す反発性、食い込む体がちょうど良い具合に支えられる反発性を持つ

 

 

例えば、とても柔らかいマットレスの上で寝ていると、体が沈み込んでしまいます。そして、寝返りを打つ時に「柔らかすぎて安定しない」といったことは何となくイメージしていただけますでしょうか?

 

要は体が安定しないので、寝返りもしずらいということです。

 

オクタスプリングは寝返りを打ちやすい!?反発性について調べてみた!

 

そのため、寝返りにはある程度の反発性が必要になってきます。寝返りをする際に体を向ける(動かす)サポートをしてくれるような反発性です。
つまり、離れていく体の部分を押し出し、食い込む体の部分をしっかりと支えてくれるような(支点と力点が両立している)反発性をもつマットレスが理想です。

 

 

 

まとめ

マットレスを選ぶときに「寝返りできるか」という視点で選ぶと、より良いマットレスに出会うことができます。オクタスプリングは「ハイブリッド反発」でちょうど良い反発性を実現し、睡眠時の寝返りを助け、きっとあなたに快眠をもたらしてくれることでしょう。

 

トップページへ戻る